弁護士依頼で損害賠償の示談金を正当な金額へUP~助けてHERO~

woman

等級認定の相談をしよう

後遺障害と後遺症の違いについて

man

今も昔も多く見られる交通事故で起こりうる後遺障害や後遺症は一般的にはどちらも同じ意味合いで使用されていますが、実際のところ少し意味が違うと言われています。どう違うのかというと、後遺症は交通事故などで体のどこかを一定時間痛めてしまい、その症状が治ったとしてもその後も神経症状や機能障害が続いてしまうことを指します。後遺障害は交通事故を起こした際に痛めた精神的障害や肉体的障害が将来的に治ることが医師の診断で難しくその存在が認められること。それによって労働をすることが出来ない所謂労働能力の著しい低下、自賠法施行令に基づいた等級に当てはまることを意味します。これらに該当するものが後遺障害という風に呼ばれています。

交通事故から慰謝料請求までの流れ

後遺障害が交通事故などによって発生した場合、被害者一人では渦中の相手側に対し慰謝料などを請求することは難しいのでまずは弁護士の方に相談するのが望ましいとのことですが、その前に経験者の方つまり同じようなケースで後遺障害を持ってしまった方に相談してみることも選択肢としてあります。やはり同じ境遇、立場にあった方からの生の声を聴いてアドバイスなどをもらうことでどのような流れ、形で渦中の相手側などと話し合い解決までに至ったのかを参考までに知っておいた方が示談交渉や慰謝料の話になると比較的スムーズに事が進むと言えるでしょう。等級が認められれば入院又は通院にかかる費用を賄う慰謝料と後遺障害慰謝料は別に請求することもできます。