弁護士依頼で損害賠償の示談金を正当な金額へUP~助けてHERO~

woman

身近なことから企業まで

man

弁護士は身近に起こる問題から企業などの複雑化する難しい問題まで広く解決に導いてくれます。法に関する知識を有し、問題解決のために尽力してくれるのです。町田にはこうした身近な問題に取り組んでくれる事務所があります。

詳しくはコチラ

等級認定の相談をしよう

man

交通事故などで障害が残ってしまった場合、後遺障害の診断書を作成してもらい等級認定を受けましょう。弁護士などの法律のプロに相談することでスムーズに認定までをサポートしてくれます。

詳しくはコチラ

払い過ぎた利息

man

消費者金融からお金を借りた場合、返金するときには利息がついています。過払い金とはこの利息を払い過ぎた状態のことを言います。福岡では過払い金請求をしてくれる弁護士事務所が多くあります。

詳しくはコチラ

イチオシリンク集

  • OKAMOTO OFFICE

    横浜で社労士を頼りたいならここ!貴方が抱えている悩みをスピーディーに解決できるようにサポートをしてくれますよ。

交通事故にあったら

相場はあくまでも基準で絶対ではない

man and woman

交通事故に関する相場は、あくまでも一つの基準であってそれが絶対ではありません。 交通事故によって請求できる権利によって、加害者から多額の賠償を請求できることは往々にしてあります。 しかし、この金額には限界があるものとないものが存在することを知っておかなくてはいけません。 相手に対する賠償額として限界があるのが損害賠償で、ないのが慰謝料請求権です。 損害賠償請求は、法律的には物的な損害の補填になりますが世間一般では弁償という扱いになります。 そのため、自動車の価格以上のお金は請求できません。 反対に、慰謝料請求は身体に与えられたダメージやそれによる今後の生活の影響なども加味しなければいけないため法律的には限界が存在しないのです。

示談金は低く見積もられないように注意をする

近年は、慰謝料請求や損害賠償は示談金としてまとめて保険会社から貰うことになっています。 しかし、交通事故に関する保険会社との示談はその提示金額が小さくなることもあるため注意をして議論をしなくてはいけません。 一般的な統計では、裁判を行う人は示談を行う人よりも圧倒的に少ないことがわかっています。 それは、裁判に見合う金額を受け取ることが出来ないことが多いからです。 交通事故に関しては示談交渉の方がスムーズに金額を請求できますし話も進めやすいためこちらを選択する人が圧倒的に多いです。 見積もりの提示に関しては、弁護士が側に居れば正しい金額で計算してくれるため低いときには拒否の意思を示さなくてはいけません。 なるべく多くの示談金額で交渉するように心がけましょう。